広島市中区のひだかペインクリニック(ペインクリニック整形外科・麻酔科)です。

よくあるご質問

ペインクリニックとはどのような診療科ですか?

ペインクリニックとは痛みの治療を専門とする診療科です。どのような原因であれ痛みが長く続くと、日常生活に悪影響を及ぼします。この痛みを軽減することで、より良い日常生活を取り戻すことを目標に治療をしていきます。


ペインクリニックで治療するのはどのような病気ですか?

基本的に痛みを有する病気は何でも診ますが、主な病気は以下の通りです。
・三叉神経痛(顔面の激しい痛み)
・帯状疱疹後神経痛(帯状疱疹の後の痛み)
・腰下肢痛(痛み止めでは治らない腰や脚の痛み)
・頚肩腕症候群(長引く首・肩・腕の痛み)
・頭痛(片頭痛などの頭痛)
・幻肢痛(失った腕や脚の断端や先端の痛み)
・顔面神経麻痺、突発性難聴(痛みではありませんが、治療の手助けをします)
・その他


ペインクリニックではどのような治療をしますか?

当院で行える主な治療法を以下に挙げます。
・薬物療法:痛みの種類に応じて適切なお薬を見つけて治療します。
・神経ブロック療法:痛みの原因となっている神経の働きを抑えて痛みを軽減します。
 また血流を改善する事で治る痛みや病気もあります。
・光線療法:針を刺すことのない治療法です。表面だけでなく少し深いところまで治療効果
 が到達するような光線療法の機械を当院では採用しています。


神経ブロックとはどのような治療ですか?

痛みの原因となっている神経の近くに局所麻酔薬などの薬を注射することにより、神経の働きを抑えて痛みを軽減させる治療法です。痛む場所によって様々な種類の神経ブロックがあります。当院では安全かつ確実に効果を得られるよう、多くの神経ブロックを超音波やX線透視を使って行っています。


神経ブロックは痛いですか?

針を使って注射する治療法ですので痛みが全くないことはありません。しかしながら当院では神経そのものに針を刺す神経ブロックは少なく、神経のすぐそばで薬を注射しますのでひどく痛むことはほとんどありません。また神経ブロックを行う針を刺すために、皮膚と皮膚の下にも局所麻酔を注射しますので針を進めるときの痛みも少ないです。


ペインクリニックでの治療では必ず神経ブロックをするのですか?

ペインクリニックの治療において神経ブロックは特徴的な治療法の一つですが、神経ブロックが有効な痛みと、有効でない痛みがあります。神経ブロックが有効だと思われる痛みの場合には神経ブロックをお勧めしていますが、どのような治療を受けるかを決めるのは患者さん自身ですので、注射することを望まない方には薬物療法や光線療法など別の治療法をご提案し、納得いただいた治療を行っています。


ペインクリニックで治療をすれば必ず痛みがなくなりますか?

一口に痛みといっても、いろいろな種類の痛みがあります。すっきり治る痛みも多くありますが、すっきり治らない痛みが少なからずあるのも事実です。
慢性に経過し、すっきり治らない痛みの治療において体を動かすことは非常に有用です。しかしながら痛みが強いと運動やリハビリをするのが難しいだけでなく、日常生活に必要な動作すら難しくなります。このような痛みに関しては、痛みをある程度軽減させることで、リハビリをしやすくしたり、日常生活に困らないようにすることが治療目標になります。
このように難しい痛みの場合には、患者さん各々の痛みの種類や生活スタイルなどを考慮し、画一的な治療法ではなく、患者さん各々に最適と思われる治療法を探していきます。


痛みの悪循環とはどういうことですか?

痛みの悪循環を説明する方法はいくつかありますが、ここでは「痛みの恐怖-回避モデル」を使って説明します。例えば手や足を撲ったりして痛むことがあると思いますが、このような痛みは通常1-2週間もすれば良くなってくることを経験から知っており、痛みがあっても心配される方は少ないと思います。このような場合には痛みが軽減してきた段階で徐々に自分で痛む場所を動かすようになり、自然と回復していきます。しかしながらその痛みが1-2週間を超えて1ヶ月経ってもまだずっと痛んでいたらどうでしょうか?

いつまでたっても痛みが治らない場合には、「何か重大な病気なのではないか?」、「この先どんどん痛くなったらどうしよう?」と言ったこと考えるようになり、痛みの事ばかり考えるようになります。このようなネガティブな考えは不眠を起こしたり、痛みに対する恐怖や不安を抱いたりするようになってきます。痛みに対して恐怖を感じるようになってくると、痛みが出そうな行動を避けるようになってきます。このような行動制限は日常生活に支障をきたすようになり、日常の当たり前な事ができないことでうつ状態になっていきます。うつ状態では痛みはより強く感じられるようになり、さらなる不眠、恐怖、不安が生じ、行動制限もさらに進み、うつ状態も強くなるという悪循環に陥ります。

この悪循環を絶つことが痛み治療の1つの目標でもあります。痛みを軽減させることで、「治療をすれば痛みが軽減される」という安心感が生まれ、恐怖や不安を感じにくくなり、そのことで行動制限も少なくなり、体を動かすことができるようになります。体を動かすことで失った機能を取り戻すことができるようになり、機能が取り戻されればうつ状態からも脱することができ、痛みをさらに軽減させることにつながります。

「痛みの治療は根本治療でないから意味がないのでは?」と言われる方もおられますが、この悪循環を絶つ事で本来人間が持っている回復力を取り戻すということにおいて、痛みの治療は非常に大切だと考えられています。

診療科目

ペインクリニック整形外科
麻酔科

診療時間

時間
休診日:
 木・土曜日午後、日曜・祝日

※当院では予約優先で診療して
 います
※初診の方は、午前・午後共に、
 診療終了30分前までに受付を
 お済ませください

ひだかペインクリニック

〒730-0013
広島市中区八丁堀1-12
マスキ八丁堀ビル6階
TEL.082-511-8118
FAX.082-511-8119